お急ぎの方へ

困ったときは(緊急時の対処方法について)

お問い合わせ先

ガス漏れなど緊急時・各種お問い合わせは下記連絡先へお願い致します。

ガスの臭いを感じたとき

LPガスは本来、無臭ですが、ガスが漏れた時にすぐに気づくように、ガス特有の臭いをつけています。ガス臭いと感じたら、以下の手順で当社へご連絡ください。

(1)火気は絶対使用しないで

  • 着火源となる裸火、換気扇、扇風機などのスイッチに絶対手を触れないでください。
  • 電気のスイッチは切る時にも火花がでます。切ることもしないでください。

(2)ガスを外に追い出して

戸や窓を大きく開けてください
※LPガスは空気よりも重いため、低い所に溜まったガスにご注意ください。
すべての器具栓、 ガスの元栓を閉めてください。
容器バルブは必ず閉めてください。


(3)ガス漏れの状況をすぐ連絡

「緊急時の連絡先」に連絡してください。

1.「お名前」「ご住所」「その場の状況」をお知らせください。
2.「緊急時の連絡先」の指示に従ってください。安全確認が済むまでガスは使用しないでください。

  • 緊急時の連絡先は、あらかじめLPガス販売店に確認してください。
  • 緊急時の対応は、24時間無料で対応しています。

地震による揺れを感じたとき

自分の身を守りましょう!
まず、身の安全を確保してください。
(棚や棚の上に載せてあるものが落ちてきたりするので、揺れがおさまるのを待ちましょう。)

火の始末をしましょう!

  • ガスを使用しているときは、揺れがおさまってから器具栓を閉めてください。
  • ガスを使用中に強い地震(震度5相当以上)が起きたときは、ガスメーターが自動的にガスを遮断します。
    (ガスを使用していないときは、ガスは遮断されません。)

地震発生後の注意事項

  • ガス漏れやガスの臭いがするときは、ガスの使用をやめて、器具栓、ガスの元栓、ガスメーターバルブ(メーターガス栓)および容器バルブをすべて閉めて、当社に連絡してください。
  • 避難するときは、器具栓、ガスの元栓、ガスメーターバルブ(メーターガス栓)および容器バルブをすべて閉めてください。

※家屋等に被害が発生した地域では、ガス漏れや容器の点検を順次行いますので、点検の際にはご協力をお願い申し上げます。

コンロの火がつかないとき

以下に記載する7つの確認事項をお試し下さい。

Check1
電池は切れていませんか?
突然火がつかなくなったのは電池切れかもしれません。
火は付くけどすぐに消えてしまう場合なども電池切れの可能性があります。 新しい電池に変えてみましょう。
Check2
バーナーキャップがずれたり、
汚れていませんか?
バーナーキャップが印に合わせてきちんと置かれていなかったり(ずれている)、汚れていたり、水に濡れている事で火がつかない原因になります。
3口のうち1口だけ火がつかない、などの時はバーナーキャップの位置や汚れも確認してみましょう。
Check3
温度センサー・点火プラグ付近が
汚れていませんか?
温度センサーは、片手を添えて、水に浸し固くしぼった布で頭部と側部の汚れを拭取ってください。
軽い汚れは、やわらかい布などで拭取ります。汚れがこびりついている場合は、毛がやわらかい歯ブラシなどでお手入れしてください。
Check4
ゴムホースが折れていませんか?
ガスが通るゴムホース(ガス管)が折れている場合があります。
この時はガスがスムーズに通るようにのばします。
Check5
ガスの元栓は閉まっていませんか?
ガスの元栓がきちんと開いているか確認してみましょう。 一度元栓を閉めてからつまみを回してあけてみましょう。
Check6
魚焼きグリルの場合、
連続焼きしていませんか?
庫内の温度が上がっている場合はすぐに火を消す場合があります
Check7
アルミ製の汁受皿をご使用ですか?
指定以外の補助具は、トラブルの原因となる場合があります。

上記の項目をチェックしてみても火がつかない場合は機器自体の故障かもしれません。 弊社お問い合わせ先(0959-72-3556)までお電話下さい。

五島市内のLP販売店について
当社は...五島市内のLP販売店様で同じ才津名で始まるご販売店様がございますが、
別会社となりますので、お間違えの無い様にお願い申し上げます。

 

このページの先頭へ